100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 説得力を高める書き方 > 抽象的な言葉は一切使わない

説得力を高める書き方

抽象的な言葉は一切使わない





自己PRの文章中には、抽象的な言葉を使ってはいけません。

「内容は深く、それでいて、わかりやすい言葉で表現する。」
これがかっこいい自己PRです。

よくある抽象的な言葉は、
「○○力」「○○性」などの言葉たちです。

それ以外にも「リーダーシップ」「責任感」などもそれに当たります。

これらの言葉は、多くの場面で多くの意味があります。

それだけに使い勝手はよく、
また、それなりに大人な感じがするので、
なんとなく使いたくなる言葉たちです。

しかし、これらの言葉を使うことの弊害は大きいです。

というのも、

幅広く使える言葉であるために、
言葉に具体性と説得力がないからです。

上記のような言葉に限らずに、
難しい言葉は使わないようにしましょう。

難しい言葉は、
全て小学6年生でもわかる言葉に言い換えましょう。

難しい言葉を使って、
丁寧に表現することから逃げないようにしましょう。