100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > ゼミ・卒論の例文 > 組織の中でまとめ役を果たす

ゼミ・卒論の例文

組織の中でまとめ役を果たす





私は、空気が読める人間です。

私は、常に周囲との一体感を意識して行動しています。
その結果からか、友人によく「空気読めるよな」と言われます。

私が一体感を大切にする理由は、みんなが自分の個性を出せる場をつくるためには、一体感が大切だと考えているからです。

そんな私は、組織の中でまとめ役としての役割を果たします。
具体例として、ある日のゼミナールの出来事を挙げます。

課題に対する話し合いで意見がまとまらず、言い争いが起こりました。
その時のみんなは、仲間としての一体感が全くないと感じました。

そこで私は、全員が発言できるような雰囲気を作るよう努めました。
そのような雰囲気をつくることで、全員が話し合いに参加している意識を持ち、
新しいアイデアや考え方が生まれ、話し合いが良い方向に進むと考えたからです。

その時に提案したのは次の3つです。

1つ目は、一人ひとりの発言に全員が耳を傾けられるように、
冷静になって一人ずつ話すことです。

2つ目は、その際全員が発言することです。

3つ目は、言い争いの原因をつきとめ、改善策を考えることです。

これらを実行した結果、仲間としての一体感が高まり、
課題を納得いく形でまとめあげることができました。

この強みを生かして、一体感を最大限にしてチームやグループを良い方向に
導いていく役割を果たしていきたいと思います。


【本田祐介の自己PR添削】

空気が読めるというのは表現は何か軽い印象を受けます。
もう少し別の表現を考えてみてください。

一体感をつくり、まとめる。
このあたりを長所にしては如何でしょうか。

この自己PRを音声でも紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/8keajOk22OQ