100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > スポーツ系サークルの例文 > 責任感のなさからの失敗をバネに

スポーツ系サークルの例文

責任感のなさからの失敗をバネに





私は、めげない人間です。

困難や失敗も「,瓩欧覆き向き合う積極的行動で対処」
と言う姿勢で成長に繋げます。

私は大学生活で、新しい事に挑戦し成長するため、
スキューバーダイビングサークルに入部しました。

そして部員との仲も深くなり、サークルを更に盛り上げたいと思い、
1年生の、学園祭で模擬店リーダーに立候補し努めました。

しかし計画性と責任感のなさで模擬店を出せない最悪な事態を招いてしまいました。

「リーダーには向いてない」部員にきつく咎められました。
「部員の信用を取り戻し、大きく成長したい」と強く思い、
2年生で副代表を努める事を決意しました。

副代表では、早めの行動、各部員の個性や意見を尊重する事を常に心がけ、
自分自身に責任感を持ち、一生懸命仕事をしました。

その結果部員の信用を回復でき、
3年生では、代表の仕事も任せてもらえる程成長できました。

私は、社会に出て困難に直面しても、失敗を恐れずに、
打たれ強く取り組む事で、会社の成果に必ず繋げて行きます。


【本田祐介の自己PR添削】

「めげない人間」という表現よりも、
2行目のくだりを一行目に長所としてもってきたらいいですね。

前フリはできるだけ簡潔に短い文字数で表現して、
「リーダーには向いていない」と言われたところから
奮起したエピソードにすぐつなげた方が無駄な文字数を費やす必要がなくなります。

>副代表では、早めの行動、各部員の個性や意見を尊重する事を常に心がけ、
>自分自身に責任感を持ち、一生懸命仕事をしました。

ここが一番の自己PRの肝になるエピソードですよね。
もっと1つ1つを具体的に書かないと面接官にはわかりません。

各部員の個性や意見を尊重する、責任感、一生懸命。
このような言葉を具体的なエピソードで書いていきましょう。

そのために文字数を使っていきましょう。
それが説得力になります。



この自己PRを音声でも紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/jZLPhFeeVrg