100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 文科系サークルの例文 > 400文字以内の自己PR

文科系サークルの例文

400文字以内の自己PR





「学生時代に熱中したことをおきかせください。」 (全角400文字以内)
私は1年次から行っている学生スタッフとしての活動に力を入れています。

このスタッフが私が大学に入るきっかけであり、
私も受験生に影響を与えられるようになりたいと思ったからです。

年間5回私たち学生が中心となりオープンキャンパスを実施しています。
私は志望学部ごとに個々に受験生の相談に乗る部署を担当しています。

●先入観を捨て、話を聞く。下調べは多方面から。主語は全て自分。
この三つの努力で私は8組の受験生が並ぶナンバーワン相談員になりました。

●見えない努力の大切さ。準備:本番=9:1。
これが私がこの経験から学んだことです。相談時間はたった15分ですが、
その準備に必要な時間は1ヶ月です。
そして相談に乗った受験生が入学してきてくれることが成果であり、原動力です。

貴社での営業活動においても、この見えない努力を積み重ね、
ナンバーワン営業マンになります。


【本田祐介の自己PR添削】

学生スタッフという活動を少しだけ説明した方がいいかもしれません。
人事部の方が知らない可能性があります。

受験生を○○の形で支える活動である学生スタッフという・・・・・
(というようなイメージです。長々とはいりませんが、
受験生に対して支援する活動なんだ。ということがわかる程度でいいです。)

学生スタッフに入り活動することが、大学へのきっかけとはすごいですね。

何がそこまで○○さんを動機づけたのでしょうか。
そのあたりは○○さん自身を知る、とても有効な部分でしょうね。

自己分析をもっと深めてみてもいいかもしれません。

学生スタッフの活動にとても真剣に携わってきたことがわかります。
その中で培ってきたこともとても深い内容だとわかります。

あとはできるだけそれをインパクト強く、それでいてわかりやすく伝えることです。
このあたりは少しずついろいろいな方に読んでもらったり、
聞いてもらったりしてより洗練させていくといいですね。

この自己PRを音声でもご紹介しています。
↓↓↓

https://youtu.be/7qVlV0S-ycY