100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 文科系サークルの例文 > マネージャーとして計画力を発揮

文科系サークルの例文

マネージャーとして計画力を発揮





私の長所は、物事を計画的に進めることです。大学時代はバンドサークルに
所属しており、1年間合宿マネージャーを務めておりました。
仕事内容は、1年間で4回合宿に行くのですが、旅行会社の方と連絡を取り、
日取りや人数の調整などを行うというものです。

また、バンド練習を行うためのスタジオを予約し、
複数あるバンドに数時間単位で振り分けるという仕事もやっていました。

合宿は短いもので1泊2日、長いもので5泊6日となっており、
かつ1年間で4回というハイペースであるため、
約30名から50名の人数の予定の調整やバンドごとの機材や
スタジオなどの持ち時間の調整などがとても難しく、
初めての合宿マネージャーとしての合宿では緊張と準備不足により
かなり焦ってしまいました。

しかし、この経験を活かして、その後の合宿ではかなり早い時期から
旅行会社の方と連絡を取って早めに日取りを確定し、
バンドごとの要望をエクセルファイルにまとめてスタジオの受け渡しを
スムーズになるよう調整し、アクシデントや急な予定変更などになるべく
スムーズに対応できるように余裕をもって準備を進めました。

また、自分が初めて合宿マネージャーを務める合宿の前には
先輩たちのアドバイスをよく聞いてメモを取り、かつ自分が引退したのちに
そのメモを簡単なノートにして後輩に渡して活用してもらいました。

自分の代以降、合宿マネージャーはノートを作って後輩に渡すというのが
伝統化したようです。

このような工夫の甲斐もあり、すべての合宿は無事に終了することが出来、
合宿終了後に皆に感謝の言葉をかけてもらえ、
かつ自分自身も合宿を楽しむことが出来ました。

この合宿マネージャーという仕事を通じ、物事を計画的に進めることで
作業の効率化が行え、スムーズに余裕をもって作業を行えるということを学びました。
この長所を生かし、仕事に尽力していきたいと思います。


【本田祐介のコメント】

非常に貴重な経験をされてきたのをエピソードから感じます。
少し事柄の説明に文字数を使いすぎている感じがありますので、
もう少し簡潔にエッセンスだけを凝縮して、文字数を減らすことを意識してみてください。

文字数を減らしてできたスペースに、
もっと○○さん自身の性格を伝えることに使ってみてください。

少し抽象的な言い方ですが、今の自己PRを読ませて頂いたら、
非常に学習能力があり、責任感が強いことなども感じるのですが、
何か○○さん自身の中で、何がご自身の長所なのかという焦点が
まだ見つかっていないように思います。

それはこれからさらに自己PRを洗練して、
自分自身の長所を発見していく中で、
何か味のある一文が自己PRの中に落とし込まれていくと思います。

とても良い経験をされているので、もっと良くなっていきますよ。


この自己PRを音声でもご紹介しています。
↓↓↓

https://youtu.be/rSi9tFYVD1w