100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 体育会系部活の例文 > スポーツ推薦大学に勝った柔道部

体育会系部活の例文

スポーツ推薦大学に勝った柔道部





私は、『組織において自己能力を最大限に発揮』します。

事例として一つ挙げます。
私は部員20名の体育会柔道部に所属しています。

中高と比べ大学では、個人戦よりも団体戦の試合数が多くなりました。
出場していくごとに、個人の時よりも試合の勝敗によって、
悲しさも嬉しさも何倍もの違いがありました。

部の目標として、スポーツ推薦大学に勝つということがあり、
そこで、私は自己成長が部の勝利に貢献できると考え三つの実践を行いました。

一つ目、最後まで戦い抜くための体力づくりとして、練習開始前に走り込みを行いました。
二つ目、投げられにくい体づくりとして、練習終了後に筋力トレーニングを行いました。
三つ目、相手を投げる技を増やすために、技の研究を行いました。

以上のことを継続した結果、
私が重量級選手に対して引き分けに持ち込んだことでスポーツ推薦大学に勝ち、
そして歓喜に満ちた皆の顔は忘れられません。

このことから、自分の役割・能力を最大限に引き出すために、
継続して行う努力が必要であることを学びました。

社会では、連携が必要な仕事には仲間と協力して成功へ導く力になります。


【本田祐介の自己PR添削】

>私は、『組織において自己能力を最大限に発揮』します。

「私は」は、自己PRの文章においては、全て省いてもOKです。

>事例として一つ挙げます。

この一行も省きましょう。敢えて書かなくてもわかります。

『組織において自己能力を最大限に発揮』と、長所にありましたので組織の多くの人達と切磋琢磨して自分を成長させることができるという意味かと思ったのですが、読ませて頂くと、自分自身をしっかりと律して、躾けることができる方なのだと解釈いたしました。

少し最初のタイトルと内容にずれがあるように感じます。
最初の長所を掲げていくのであれば、もう少し仲間との連携の中で、
相乗効果を持って成長してきたストーリーにする必要があります。

個人戦と団体戦を経験してきたからこそ培えた経験は何ですか?
両方を知っているからこその強みがあるはずです。

そのあたりが長所に繋がっていくのではないでしょうか。


この自己PRを音声でもご紹介しています。
↓↓↓

https://youtu.be/rqo1WAti3L4