100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > インターンシップの例文 > 向上心を武器に講師として

インターンシップの例文

向上心を武器に講師として





向上心があります。
今年1月に一般の人に知的財産について教える機会があり、講師として参加しました。教えることで、自分が成長できると考えたからです。

生徒さんは、知的財産について全く知らない人と、
自分で特許出願を行った人が半数ずついて、知識のレベル差が生じていました。

前回担当の講師の話だと、全く知らない人が退屈そうにしているのが
現状だと聞いていました。

そこで、私は知的財産について全く知らない人向けに書き込み形式の資料を作り、
授業中は知財を知っている人に発言してもらうようにしました。

私が授業をやるからには生徒さん全員が知的財産について
向き合える環境を作りたいと思ったからです。

実社会においても、現状に満足せず、
更に上を目指す野心を持って行動することを心掛けます。


【本田祐介の自己PR添削】

ご自身が学んでいるだけでは感じれなかったことを、
人に教えるという立場を経験したからこそ学べたことがあったと思います。

その部分を中心に書くと自己PRの焦点があってきます。
バックボーンの違う人たちに1つのテーマを教えていく中で、
どのような問題が発生して、それに対してどのように対応して、上手く結果を残せましたか。

そのあたりを書いてみて下さい。

最初から全てが上手く進んだというエピソードより、
躓きながらも工夫して乗り越えていったというエピソードの方が自己PRになります。
長所もそこから導き出せると思います。