100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > その他の例文 > 人を楽しませる、喜ばれることにやりがいを

その他の例文

人を楽しませる、喜ばれることにやりがいを





「笑顔で前向き、おちゃらけキャラでも実は真面目です」

小学校からスポーツを行っていて、そこでルールの厳しさを学びました。
それ以来基本的なルールやマナーは守るように心がけ、
基本的な生活習慣が身に付き、中学、高校では皆勤賞を授賞しました。

また、時間や約束を守ることによって友人からの信頼も厚くなり、
長に推薦されることもあります。

そして、スポーツでは、ネガティブな考え方をすると負けてしまうので、
自然とポジティブな考え方が出来るようになりました。

そこから、常に笑顔で声は大きく、周りの人を楽しませるようになりました。
周りの友人からは、『ムードメーカー』『あなたを見ていると元気になる』
という言葉をもらえるようになりました。

そこから、人を楽しませる、喜ばれることにやりがいを感じるようになりました。
貴社でも、お客様が楽しめて旅行に行って元気がもらえる旅を作りたいと思っています。


【本田祐介の自己PR添削】

自己PRに取り上げるエピソードとしては、
できるだけ最近の活動を例として取り上げる方がいいです。

中学、高校時代で培った長所を、大学時代でも発揮していたという
流れで最近のエピソードも取り入れましょう。

スポーツは具体的にどのようなスポーツでしょうか。
そこでのエピソードの中から今話されているような長所を発揮してきたことを
書くとより良いと思います。

全体的に少し抽象的な表現が多いです。
それはやはり具体的なエピソードに欠けるからかと思います。

それぞれの長所があると思いますが、できるだけ絞って、
具体的なエピソードとともに説得力を持たせる書き方に変えていきましょう。

>そこから、人を楽しませる、喜ばれることにやりがいを感じるようになりました。
>貴社でも、お客様が楽しめて旅行に行って元気がもらえる旅を作りたいと思っています。

ここは志望動機になりますよね。
自己PRではとにかく長所を強調することにだけ文字数を使う方がいいですよ。

志望動機はちゃんとそれを語るための文字数を与えられていますので。