100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > その他の例文 > 学業以外で力を注いだことは何ですか

その他の例文

学業以外で力を注いだことは何ですか





【お題】:「学業以外で力を注いだことは何ですか?」
私は、学生生活でやりたいと思った事は、
とにかくチャレンジするという事を心掛けてきました。

そのチャレンジの1つで、大学一年生の時から打ち込んできたギターがあります。
最初は弦の張り方も分からない状態でした。

しかし、私は毎日必ず1時間半以上は練習すると決意し、
参考書や友人との情報交換を活用してとにかく毎日ギターと向き合いました。

その結果、当初目標としていた曲を弾くことができました。
この経験を通して下手でもコツコツと練習を積み重ねることでいつか目標を達成でき、
それが喜びとして返ってくる事を知りました。

これからも様々な事に積極的にチャレンジして、
自分の可能性を広げていきたいと思います。


【本田祐介の自己PR添削】

「学業以外で力を注いだことは何ですか?」と聞かれていますので、
ここは、問いに対してまず簡潔に「●●です」と答えましょう。

この場合は、「ギターを弾くことです」と答えればOKです。

「チャレンジ精神」を大きなテーマとして話を展開されていますね。
ただこの「チャレンジ精神」というのは非常にあいまいで、抽象的な表現です。
多くの学生さんも同じような表現をしています。

ですので、少しひねって表現した方がいいですね。

本田の読ませて頂いた感覚では、○○さんは、チャンレジ精神はもちろんありますが、
チャレンジしてそれを達成するまでのプロセスを丁寧にやり続けることができる方
だと思います。

ご自身でも書かれていますが、コツコツと目標達成に向けて取り組む姿勢は
とても評価されると思います。

「チャレンジ精神」と言うだけでは、
正直何がチャレンジ精神なのかよくわかりません。

それよりも○○さんの長所が非常に良く現れている
コツコツと計画を遂行させる持続力などを長所として具体的に表現してみては
いかがでしょうか。

それと、文末の部分に、具体的な成果を表現した方がいいです。
何という曲を弾けるようになったのでしょうか。

面接官は知らないかもしれませんが、知っている人もいるかもしれません。
書いておきましょう。