100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > その他の例文 > コツコツと努力して継続力を培う

その他の例文

コツコツと努力して継続力を培う





私は、目標に向かってこつこつと続けることのできる努力家だと思います。

これまでいつも目標を持って、何事にも取り組んできました。
例えば、中学高校6年間はソフトボール部に所属し、
趣味のテニスは今年で13年目になります。

そして大学から始めた家庭教師とスポーツクラブでのアルバイトは3年間続けています。
現在は、学業に力を入れており、当初に比べTOEIC210点アップを実現しました。

そして、入社までには800点取得というさらなる目標に向けて、
日々努力している最中です。

このように続けることができたのは、くじけそうになったときでも、
あともう少しだけ頑張ってみようと思うように心がけていたからです。
この「継続力」という強みを生かして、仕事においてもねばり強く取り組み、
貢献したいと思います。


【本田祐介の自己PR添削】

エピソードを絞ることが大切だと思います。
ソフトボール、テニス、家庭教師、スポーツクラブ、英語とたくさん挙げておられます。
できるだけ多くの切り口を見せたい気持ちはわかりますが、
あまり広げすぎると結局何が一番押したいのかがわからなくなります。

○○さんが最も努力した成長したと思える活動を
2つぐらいに絞ってみてはいかがでしょうか。

そして、継続して取り組んでいった中で、何を学び、実践して、
成果をあげていったのかも具体的に書くといいですね。

このようなことを具体的に書くためには、
必然的にエピソードを絞り込まないと文字数が足らなくなると思います。

どれか1つだけしか話せないとしたら、どのエピソードを選びますか?

それを一度考えて見てください。
自己PRは広く浅くではなく、狭く深くの方が印象に残ります。