100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > その他の例文 > 6歳から高校まで続けたボーイスカウト活動

その他の例文

6歳から高校まで続けたボーイスカウト活動





相手の視点に立って物事を考える人間です。

「ただ引っ張っていくのがリーダーではない」。隊長の一言が私を変えた。

「相手の立場を考え物事に取り組むよう」にと。

6歳から高校まで続けたボーイスカウト活動。
一つの目標を達成する為にはチームでお互いが相手の視点に立って
助け合わなければならない。

卒業と同時に多くの信頼と感謝の言葉を周囲のみんなからもらった感動は
今でも忘れられない。

大学生活でもこの強みを生かしたいと考え焼肉屋でのアルバイト始めた。

相手の立場は学んだことと同じように、
お客様の立場ということであることだとすぐに気づいた。

常にお客様の視点から接客することで相手の行動や感情の変化にすぐに対応できる。
結果、幅広い良好な人間関係を築くことができた。

これからもこの強みさらに向上しつつ組織・顧客との良好な関係を笑顔で築きたい。


【本田祐介の自己PR添削】

>「ただ引っ張っていくのがリーダーではない」。隊長の一言が私を変えた。

ここは引っ張っての前に何か入るのではないでしょうか。
例えば「力で」とか。

リーダーというのは、皆を引っ張っていくものですが、
隊長さんは「引きずってはいけない」というような意味を、
おっしゃったのではないでしょうか。

文章の流れから勝手にそう思ったのですが。。。

もう少しわかるような言葉がいりますね。
もっと具体的なエピソードを突っ込んで深めて話す必要があります。

下の大学生活のエピソードを入れたいがために、
ボーイスカウトの話題を中途半端にまとめてしまっています。

ボーイスカウトでの一番大変だったこと、
クライマックスのエピソードを書いて長所を証明しましょう。