100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > その他の例文 > ボランティアを通して学んだ勇気

その他の例文

ボランティアを通して学んだ勇気





私は、常に『義を見て為さざるは、勇なきなり』を心に置いています。
この言葉は人として正しい義の行為を分かっていても行動に移せないのは、
勇気がないからだという意味です。

3月11日、東日本大震災があり東日本では多くの方が無くなりました。
現地の状況はテレビでも映像が放映され、被災者の方々が非難している姿や、
家屋などが全て流されている映像を見、私は今自分にできる被災者への
精一杯の支援として、兵庫県で募集しているボランティアに参加し
4日間被災家屋や側溝の泥かき清掃活動を行いました。

現地で活動をしていると地元の方々から感謝の言葉をいただきました。
その後も兵庫県で募金のボランティアや毛布の回収を行いました。
今できることに目を背けて何もしないのではなく、
勇気を出し義を貫くことの大切さをこの1年間のボランティアを通して学びました。

【本田佑介の自己PR添削】

自己PRは短期的な活動より、長期的な活動をエピソードの中心にする方が
より説得力を持ちます。 ボランティア活動というのは、
どれくらいの日数継続してされておられましたか。

またそのボランティア活動の中でどのようなプロジェクトに携わり、
その中で○○さんが、ご自身の長所を活かして、どのような役割を担われたか。
そのあたりを中心に書くと、説得力のある自己PRになるかと思います。

あらゆるエピソードの題材でいえることですが、アルバイト、部活動、
留学などどんなことであれ、それを経験しただけを書くのではなく、
そこで何があって、どんなことをしてきたかが一番大切になります。