100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 留学・海外旅行の例文 > 英語スピーチコンテスト

留学・海外旅行の例文

英語スピーチコンテスト





フィジー留学帰国後、現地で見た環境破壊の現実を多くの人に伝え、
学んだ英語を生かすために英語スピーチコンテストに挑戦しました。

しかし、初めてのリハーサルでは、
指導を依頼した先生に表情・動作・発音・抑揚の全てを指摘され、
「ロボットみたい」と言われました。

その悔しさをバネに、聞き手の立場を考えない独りよがりなスピーチから脱却し、
心を動かせるようなスピーチにするために強い想いを持って練習に励みました。

毎日暇があれば発音や抑揚を繰り返し声に出し、
表情や動作はビデオに撮って細かく修正しました。

このように、5分間のスピーチを70日間かけて磨き上げました。

その結果、本番では観客の方々は私スピーチに共感してくれ、
出場者の1人がくれた「感動した」という言葉が自信になりました。

この経験から、相手への思いやりと強い向上心によって、
心を動かすことができ、自分も高めていけるという気付きを得たのです。


【本田祐介の自己PR添削】

とてもいいですね。

スピーチコンテストをされていただけあって人に伝える文章をしっかりと書けています。

私が面接官であれば是非とも聞いてみたいのは、
「心を動かせるスピーチで最も大切な要素は何ですか?」という問いです。

このエピソードを深めていく1つの質問として、考えてみてください。