100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 留学・海外旅行の例文 > オーストラリア国立大学に留学

留学・海外旅行の例文

オーストラリア国立大学に留学





私の強みは「困難な状況にあっても前向きに進むことができる」ことです。
大学2年の春休みに1か月間の語学研修を終えてから、
自分の視野をもっと広げるために留学したいと思うようになりました。

しかし、3年になってから留学を考え始めるという話は聞いたことがなかったし、
留学費用や就職活動のこともあり、ためらっていたのですが、
オーストラリア国立大学の枠がまだ空いていて、
しかもそこだけ授業料が全額免除になるということを知りました。

応募するにはIELTSという英語の試験で6.5以上をとる必要があるのですが、
当時の実力ではとても届かず、選考まで2か月ほどしかなかったので
可能性はとても低いと思っていました。

けれど、チャンスがあるのに何もしないであきらめたら後で絶対に後悔すると思い、通ったら万歳、通らなくてもやるだけのことはやったと思えるぐらいまで頑張ろうと決心し、今自分にできることに全力で取り組みました。

その結果留学を実現させることができ、どんなに可能性が低くても、
挑戦すれば何かが変わるということを身をもって経験しました。

留学中も、勉強がとても大変で泣きたくなるようなこともあったけれど、
今までだって大変なことを乗り越えてこられたのだから
きっと大丈夫という気持ちで自分を励まして粘り強く頑張り、
その結果がきちんと成績として返ってきたときには自分の自信につながりました。


【本田祐介の自己PR添削】

留学したという事実よりも(もちろんそれも素晴らしいのですが)、
それまでの過程がとても素晴らしいですね。貴重な経験をされていると思います。

全体的な内容は良いと思うのですが、少し文章が口語調になっているので、
テンポが悪くなっています。

たとえば、「留学を考え始めるという話は聞いたことがなかったし」などの表現は、
もう少し文語調にコンパクトに表現をまとめることが可能です。

一度自己PRを500文字程度の文字数にまとめる練習をしてみてください。
そうすると必然的に余分な文章や表現を省かずにはおさまりきれないので、
とても読み易くなると思います。