100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 学業・勉強の例文 > 常に挑戦し、自分を高める姿勢

学業・勉強の例文

常に挑戦し、自分を高める姿勢





常に挑戦し、自分を高める姿勢を忘れません。
私は、大学の設計の課題では、図面を描く力が未熟でした。
そこで、図面を描く力を向上させると共に、誰にも負けない作品を創るという目標を設定し、建築事務所で働いた経歴のある父にアドバイスをもらい、
また、建築家の作品から刺激を受け、自分なりに吸収して図面に取り入れました。

結果、先生方から優秀作品と評価され自信になり、この姿勢を維持しています。
目標を決めて常に挑戦することを怠りません。


【添削アドバイス】
文章はまとまっているのですが、 読み手の興味を強力にひくインパクトが
弱い印象を受けます。 大学での課題に対して、お父さんからアドバイスを頂き、
様々な建築家の作品から学ぶことで、優秀な作品を作られたという流れですが、

長所でアピールされている「常に挑戦し、自分を高める姿勢を忘れない」
というものを証明する程の内容には至っていないと感じます。

課題に対して、するべき努力をして、とても良い結果が出た。
という内容になっています。

しかし、実際はもっと様々大変な努力があったのではないでしょうか。
図面を描く力が未熟で、周りの人より劣っていたにも関わらず、
持ち前の長所を活かして、その課題を乗り越えてきたプロセスをもっと
アピールする必要があります。

優秀作品と評価されるまでに、どのような苦労や努力がありましたか。
そしてその壁に直面した時に、どのように考え、前向きにトライしていきましたか。そのあたりを書くことで、○○さんの長所がより浮き彫りになり、読み手の印象に残る自己PRになります。


この自己PRを音声でも紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/4knXgx9yQzI