100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 体育会系部活の例文 > 逆境に負けず努力した陸上競技部

体育会系部活の例文

逆境に負けず努力した陸上競技部





私は逆境に負けない人間です。
逆境のなか努力することで成長できると考えるからです。

私は中学・高校6年間陸上部に所属していました。
学校は進学校ということもあり、学業を最優先していました。
その中では珍しく体育会系の厳しい部活でした。

土日以外の毎日、授業が終わってから退校時間ぎりぎりまで練習がありました。
たとえ定期試験が近く、周りの部活が休みになっていく中でも、練習がありました。

そうした状況で、周囲に比べると勉強に割ける時間が限られていることで
焦りを感じました。しかし、テストのために部活を休むことも、
部活のせいでテストに失敗するのもどちらも嫌でした。

そのために私は、通学の電車・バスの中や入浴中と僅かな時間を見つけては
参考書を広げ、短時間でもその時にできることに集中しました。
こうした努力の積み重ねで、成績も常に上位を保つことができました。
部活動においても、当校の女子で初めて都大会出場を果たすことも出来ました。

今では、厳しい状況に置かれたときは、この経験を思い出し、
私にはできるはずと自信を持って物事に取り組めるようになりました。

【添削アドバイス】
○○さんの人となりが感じられるエピソードで、 好感のもてる印象を受けました。
エピソードとしても数年にわたる長期のものですし、継続性があります。
それだけに説得力も増しますね。

あとは最近はどうなのか。
という部分に対してのエピソードも用意しておくといいですね。

「今では、厳しい状況に・・・」とありますので、 そのあたりを具体的に話せるように整理して、自己PRの後半に落とし込んでいってみてください。
もっと良くなると思います。


この自己PRを音声でもご紹介しています。
↓↓↓

https://youtu.be/WWEoATDLC_8