100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > アルバイトの例文 > 目標に向かって、工夫して行動

アルバイトの例文

目標に向かって、工夫して行動





私は目標に向かって、工夫して行動できます。
私は芸能事務所でアルバイトしていました。
主にドラマでのエキストラ、バラエティーの素人出演者をスカウトしていました。

一日に150人以上の男女に声かけを行い、一般的に12人程度の連絡先しか
聞けないところ、私は30人ほどでした。しかし、その人達に連絡してみると、
後日来社してくれる人は全体の30%ほどでした。

そこで、私は原因を突き詰め、解決することで、来社率をあげるという目標を立てました。
まず、社員の方と協力をし、一般の方約1000人にアンケートをとりました。
それにより、対象業界に対する不安があり、仕事の内容が具体的にわからないという意見が多数ありました。

それを解決すべく二つのことを行いました。

・仕事に興味のある人にはSNSを利用しお客様とコミュニケーションを図ることで不安感に対するフォローに徹しました。

・自ら撮影現場をデジカメでとり見せる事で現場の雰囲気をより具体的に感じ取れるように務めました。 また営業方法に関しては、会話などをとおして、相手を知り、その人のニーズに合うような営業を心がけました。

これにより私は来社率を30%から65%まで高めることができました。
だから私は目標に向かい工夫して行動できます。


【添削アドバイス】

文字数を減らしたいとのことですが、できるだけシンプルに必要なことだけに
絞り込むことを 一文ずつしていくと、以外に短くなります。

例えば、最初の文章も、
「私は芸能事務所でアルバイトしていました。主にドラマでのエキストラ、
バラエティーの素人出演者をスカウトしていました。」

「芸能事務所でテレビの素人出演者をスカウトするアルバイトをしていました。」
このような感じで、シンプルにまとめることができます。

ドラマやバラエティーなどの情報はなくても自己PRに大きく影響しませんので、省いても大丈夫です。 こうしてシンプルにしていくことは、単純に自己PRの文字数を抑えることだけでなく、 読み手にストレスを与えない、わかりやすい自己PRにすることにもつながっていきます。

ぜひ、それぞれの文章を簡潔にしてみてください。
内容に関しては、
「会話などをとおして、相手を知り、その人のニーズに合うような営業」。
この部分をもっと具体的にご自身の長所を交えて書くといいですね。



この自己PRを音声でもご紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/-Xwnc1S-j-Y