100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > その他の例文 > 社会人劇団に入団し演劇を学ぶ

その他の例文

社会人劇団に入団し演劇を学ぶ





私には2つのポリシーがあります。
それは、必ず行動に移し、根強く挑戦し続けるということです。
私は小さい頃、素晴らしい映画に出会い、映画の世界に没頭するようになりました。
それら作品は、私に勇気や夢を与え、演じている役者の台詞や芝居は常に私に影響を与えました。

そして、自分も人々に影響・感動を与えたいと思い、社会人劇団に入団し演劇を学びました。

また大学では演劇部に所属し、演者を努めながら全体の指揮を担い、脚本補助とともに役者に演出指導を行ってきました。

同時に、数々の社会人劇団から出演依頼を頂き、その中で○○演劇祭の新人賞を獲得することもできました。

アルバイト・授業・長期留学と、時間に追われる毎日でしたが、お客様の反応・お客様の心中に我々団員の思いが伝わる瞬間に強くやりがいを感じ、次はもっと良い作品へという貪欲なこだわりが私の行動力の源であり、行動の先にある目標が根強く挑戦していく勇気を私に与えてくれます。


【本田祐介の添削アドバイス】
非常に良い経験をされていますね。 とても素晴らしいです。

>大学では演劇部に所属し、演者を努めながら全体の指揮を担い、
>脚本補助とともに役者に演出指導を行ってきました。


この部分は自己PRのエピソードとして取り上げると、良いものになると感じました。
自分自身が頑張るだけでなく、人を指導する中で、様々な困難がありませんでしたか。
その困難をどのように工夫して乗り越えて結果を出したのか。
その中に含まれるエピソードがそのまま自己PRになります。

>私には2つのポリシーがあります。
>それは、必ず行動に移し、根強く挑戦し続けるということです。


内容からはとても順調に新人賞まで頂いたような流れになっていますので、「根強く挑戦する」というポリシーが、どこで発揮されたのかが、わかりにくいです。

先ほどのアドバイスとも共通しますが、どんな困難があり、それに対して諦めずに、根強く挑戦したのかを書くと、長所をその後のエピソードで証明することができます。

>同時に、数々の社会人劇団から出演依頼を頂き、

社会人劇団の方へ何かアピールをしたことで出演依頼を頂いたのなら、その動きも自己PRになります。