100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 学業・勉強の例文 > 高校受験の勉強

学業・勉強の例文

高校受験の勉強





脱山椒魚
「山椒魚にはなりたくない。」中学生の時、井伏鱒二の『山椒魚』を読み決心した。

岩屋の外にある明るい未来に、飛び込めず
穴の中に閉じこもりコケを生やしてしまった山椒魚の孤独な物語だ。

中高一貫校にいながら、新しい世界に飛び出してみたくて都立高校を受験した。
受験を決心した時期が遅かったが、連日連夜の勉強が功を奏し無事合格した。

高校時代、ずっと理系の勉強をしていた。
しかし浪人時代、英語の授業中「文化」に関する論文を読み、
その神秘性に惹かれ文系に転じた。

新しい世界に飛び出すこと、そこに成長がある。
この成長こそが私を前へ前へと突き動かすのだ。
だから私に「コケ」は生えることはない。


【本田祐介の自己PR添削コメント】

本の題材から生き方を学び決意して行動してきた。
というのは、非常に共感できますね。

最後のくだりも説得力があります。
具体例に一貫性もあります。

読んでいて成長意欲がずば抜けていることを感じますね。

この文章展開を軸に、大学時代に経験した挑戦も1、2行でも良いので、
軽く入れてみてはいかがでしょうか。

全てを少ない文字数で書ききるのは無理なので、簡潔にまとめて、それぞれを書いて、説得力を持たせておくだけでいいと思います。

エピソードの切り口を高校時代までで終わらせずに、
大学時代まで広げておくことも大切です。


この自己PRを音声でも紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/YMaxSqIx_QE