100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 学業・勉強の例文 > 外国語専門学校でのプレゼンテーション大会

学業・勉強の例文

外国語専門学校でのプレゼンテーション大会





私は学生時代から、国語、数学、理科、社会、英語の中で、
英語の方に高い関心を抱いていました。

しかしながら、語学に関心を持ったとはいえ、
高校から大学に入学するにはとうてい及びませんでした。

そこで私は○○外国語専門学校に入学し、
○○外国語大学に編入するために二年間、一心不乱に語学を学習し、
卒業と同時に○○外国語大学の3年生として編入することに成功しました。

それで、私自身のPRですが、

当時私が○○外国語専門学校二回生の終わりごろ、卒論として、
卒業プレゼンテーションというものがありました。

これは各自で自分の興味あるトピックを調べ、英文に翻訳し、
さらにはパワーポイントを作成し、英語で発表するという形式です。

私はクラスで最も評価が高いと指摘され、絶対的な自信を持ち、
クラスの代表として観客200人以上もいる卒業プレゼンテーション大会に出場し、自分の力を存分に披露出来ました。

結果として、担当の先生から大会の発表者の中で
最も評価の高い人物として選ばれました。


【本田祐介の自己PR添削】

エピソード選定は素晴らしいと思いますよ。
卒業プレゼンテーションを200人以上の前でするのは、簡単なことではないですよね。

このエピソードをいかに上手く自分を知ってもらう「自己PR」として
完成させていくかがこれからの課題ですね。

まずは、このエピソードから感じられる長所を、
1つ何か浮き彫りにして、アピールしましょう。

長所はいろいろとあると思いますが、
その中でも自分が一番これだと思う要素でいいですよ。

そんな長所は、必ずこのエピソードの中でも活かされているはずです。

あと細かい話ですが「絶対的な自信を持ち」というのは、
ちょっと表現的にマイナスにとられる可能性があるかなと本田は感じました。

まわりからの評価に自信をもって行動した。
というよりも、もちろんそれはあるでしょうが、
自発的な行動としてもっていった方がいいですね。

「最も評価の高い人物」というのは、
実際にどのように評価をしてもらったことから証明できますでしょうか。

具体的に記載した方が説得力がありますよ。

>私は学生時代から、国語、数学、理科、社会、英語、の中で
>英語の方に高い関心を抱いていました。

この部分は、まわりくどい言い回しになっていますので、
「学生時代から英語に高い関心がありました。」
という感じで短く簡潔にした方がいいですね。



この自己PRを音声でも紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/YMaxSqIx_QE