100%通過する自己PRの書き方をあなたに。管理人が実際に添削した「生の自己PR例文」を公開。就職転職活動の面接・履歴書・エントリーシートの書き方。

自己PR例文・書き方の法則【神履歴書】 > 学業・勉強の例文 > 入院中の定期テスト学習

学業・勉強の例文

入院中の定期テスト学習





「やることは意地でもやります。」

私は定期テストが始まる三週間ほど前に入院してしまい、
退院するのがテスト開始日の2日前でした。

これでは勉強が遅れてしまい、単位が取れないと思い、入院中、病室に授業のノートを持ち込み、これまで受けた授業の内容を復習しました。

退院してからも友達にノートを見せてもらい、あと2日しか日にちがなかったのですが、この日はこの勉強をする、といったように、計画を立て勉強しました。

結果、すべての単位を取ることができ、
また全11教科中、6教科で90点以上をとることができました。


【本田祐介の自己PR添削】

> 「やることは意地でもやります。」

このタイトルが自己PRの長所ですね。
わかりやすくていいのですが、 「やることは意地でもやる」というのは、
よく考えてみると当たり前ととられてしまいます。

ちょっとしたニュアンスの違いですが、
「やりたいことは意地でもやる」 という表現なら、目標実現力がある。
ととらえられます。

しかし、「やること」というのは、逆に言えば「やらないといけないこと」をやっているに過ぎないととられてしまいます。
そのあたり少し表現に気をつけて考えてみてください。

文章内容はタイトルを説得させるエピソードとして具体的に書かれていていいですね。

あとできるなら、エピソードの話題はできるだけ継続的な活動も
取り上げるといいですね。

エピソードで説得力があるのは、やはり短期的な出来事よりも、
長期的に長所を発揮してきた活動です。


この自己PRを音声でも紹介しています。
↓↓↓
https://youtu.be/YMaxSqIx_QE